自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.08.06)㉒ ~朝の圃場観察とジャガイモの収穫の続き及び人参の播種~

(2023.08.11)
1泊して日曜日の朝は
6時から圃場を約7箇所廻り水の管理など
丁寧な観察をします。

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.08.06)㉒

◇自然栽培実践スクール(八ヶ岳南麓ファーム)
https://nanroku.noor.jp/school

〒409-1501
山梨県北杜市大泉町西井出2128
TEL:080-3080-3017
八ヶ岳南麓ファーム 農場長 八巻珍男

陸羽132号の田圃

コナギかオモダカかクログアイ

除草なさっている八巻さん

朝の圃場廻りにて
田圃における代表的な除草の必要な
「コナギ」「オモダカ」「クログアイ」
を教えていただきました。

水の管理をする八巻さん

ササシグレと陸羽132号の圃場

亀の尾の圃場

三反あるササシグレと陸羽132号の圃場は順調
その少し南側の亀の尾の圃場も除草の問題があるにしてもまぁまぁ順調だそうです。

相模半白きゅうり

相模半白きゅうり

インゲンの収穫

インゲンの収穫

相模半白きゅうりとインゲンの畑を観察しながら
丁度いい具合のものを収穫します。

収穫の際
生のインゲンを食べさせていただきました。
採りたては格別で甘さもあります!

ジャガイモの収穫

ジャガイモの収穫

7:45からのミーティングのあとは
昨日の続きのジャガイモの収穫です。

朝は曇っていた天気もすっかり晴れ渡り
陽射しは堪えますが
水分補給しながらの芋掘りです。

人参の播種

人参の播種

お昼休みの後は人参の播種
一つの畝に四本のラインをつくります。

新黒田五寸とピッコロ(人参の種)

新黒田五寸の種(※人参)

新黒田五寸は
フランスのアーリー・ハーフ・ロング・ホーンを元にした長崎五寸と
寒地型の丸山五寸との交雑種の固定種です。
一方ピッコロは
ウィンナ・ソーセージのような外観の小型の極早生種とのことです。

種を蒔く前にお水を

人参の播種

筋をつけたところに直播きしていきます
結構な量を蒔くので質問したところ
発芽率はそこまで高くないそうで
人参の育てることが出来るようになったら
一人前というくらい難しいものだそうです。

籾殻

蒔いた人参の種の上にもみ殻を

蒔いた人参のラインの上に籾殻を敷いていきます
覆土はせずに籾殻です。

籾殻の上にしっかりと給水します

仕上げは不織布で覆います

籾殻を被せた後は
しっかりと給水してあげます
その後の仕上げは
不織布で覆います。

種皮が固く水の吸収が難しいので
播種の際はは適度の保水に留意が必要だそうです。

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.08.06)㉒

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.08.06)㉒

前回播種した
オクラとトウモロコシは順調に育ってます。

今回も充実の二日間でした
お野菜や稲や大豆などなど
毎回本当に生き物だと感じさせてくれるものです。

人間は嘘をつくことはありますが
植物は正直です。

みなさま
またの機会も宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。
🙏🏼

関連記事

  1. 自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.…

  2. 自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.04.…

  3. 結家ーMUSUBIYAー(川越市/埼玉県)~ママの「すみませ…

  4. 八ヶ岳南麓ファーム(友の会の定期便)(2023.12・202…

  5. 呼吸を意識する(独り言)~あらためて呼吸について考えてみた~…

  6. 自然栽培について (2)~知ることが大切だと思っているので発…