親孝行?(^^;(オレオレ詐欺)

シラクーサのギリシャ劇場にて(記事とは関係ないかも)

今日は先日私の母がオレオレ詐欺の被害者寸前までいってしまったお話をします!
約1ヶ月ほど前になります。
その前に登場人物を。
私:東京在住
母:大阪の実家在住
息子(母の孫):福岡在住
娘(母の孫):大阪実家付近に在住

最近母と娘の体調管理のこともあり施術をするために、
3回/1ヶ月のペースで大阪の実家を訪ねております。

丁度その大阪に行く日の朝、
母とのTELでの会話でその日は息子が福岡から帰ってくるとのこと。
私は息子からそうは聞いていなかったので、
息子にLINEで帰ってくるなら久しぶりに会えるね!と伝えたところ。
息子はLINEで帰らないよ!誰情報??
みたいなやりとり。

ここでは既に「オレオレ詐欺」の魔の手は忍び寄ってきていたんですね。
そう。
前の夜に犯人から大阪の実家に息子を装ったTELがあり、
実家に顔を出す。との仕込みのTELがあったのです。
私は母にTELをもう一回して、
息子は帰らない!ってLINEでやり取りしてるけど。?
息子にTELしてみたら?
と伝えました。

その後すっかりその犯人を息子と思いこんでいる母は!
私とのTELを終えた後に犯人からのTELがあるんですが。
内容が結構巧妙なんですね。
前日の仕込みのTELでは、息子は体調不良で喉の不調なんだという。
だから、声がいつもと違っても仕方がない。
そして、携帯が壊れたから今携帯がなくて、
公衆電話からの連絡である!
と息子の携帯電話に連絡しないように仕向ける。
と着々とストーリーを仕込んでいるのですね。(^^;

その私と喋った後の犯人とのTELでは、
喉の不調で病院に行ったら、薬をもらえて、
時間でよくなる。と母を安心させ、
次に本題のお金の話に繋げていくんです。
息子に成りすましている犯人の話は、
株取引を友人とやり、失敗し、上司や仲間にばれたくない。
と。。。
家族には絶対に他言しないように!!
と。

母は孫を助けたい一心で!
辻褄があっていないところは沢山あるのですが、
そんなことには気づかないものなんですね。

銀行さんは、現金をおろす事はできない。と注意してくれ、
息子の口座に入金か、本人と一緒にご来店を!
とブレーキかけてくれているのをかいくぐり、
ATMで現金200万円をご丁寧に手にして、
待ちあ合わせ場所の駅の改札に行ったところ。

そこで犯行グループの出足が悪かったのか、
母を15分ほど待たせることになったのですね。

そこで、母が
「ん?息子と孫がLINEでやり取りした??」
「孫の携帯電話は故障中?じゃなかったの??」
「???」
みたいな感じになり、
そ こ で !
孫の携帯にTELしてみたら、
なんと!
喉の調子の悪くないほんものの孫でフツーに携帯に出た。
ってわけでして。

ギリギリ
セーフ
だったんです。
(^^) (^^;

ここで。
標題の親孝行?
というところの話をしますね。

そう。
親不孝者の私は、
ここ3年くらいですかね。
可能な時はほぼ毎朝、
母にTELするんですね。
ほんのたわいもない話なんですが、
昨日何かあった?とか、
体調変わりない?
といったほんの1,2分のTELなんです。

こいうった何気ないことも、犯罪を未然に。ホントギリギリですがね。
防げた要因でもあるのかなぁ。
と思うのであります。

みなさん。
よかったら。
居を別にしている、年老いた父、母がいらっしゃる方は、
照れ臭かったり、面倒だったり、ご両親が元気過ぎて嫌がるかもしれませんが、
マメに連絡をして声を聴くってことをしてみてはいかがでしょうか。

お恥ずかしい話でしたが、
そんな話をしてみました。

ではでは!
(^^)

※追伸
娘に頼み、
実家の固定電話をナンバーディスプレイで非通知や公衆電話からは受けないタイプに変えました。
母の携帯の番号も変えました。

息子は株取引をしないタイプですし、
母もひっからない。と思ってたのですが。。
気をつけたり、防御できることはしておいた方がいいかもしれませんね。