便利なマルタ島のタクシーアプリ「eCabs」~マルタのタクシー事情~


(2019.09.09)更新
(2019.05.27)
マルタ2日目は日帰りクルーズに行ってきました。
ゴゾ島とコミノ島のブルーラグーンです。
最高の天気に恵まれました。

ゴゾ島(マルタ)

前日の夜のバレッタの中心街からホテルへの帰り道、
タクシーを捕まえることに苦労しました。
そんなマルタでのタクシー事情を鑑みて、
配車アプリをネットで探してみつけました。

クルーズの出港地がホテルより30分程度の港だったので、
みつけたマルタのタクシー配車アプリを早速利用してみました。
往きはプジョーのバン。帰りはメルセデスでした。

◇タクシーアプリ【eCabs】
https://www.ecabs.com.mt/

◇【eCabs】アプリダウンロードページ
(App Store)
https://apps.apple.com/mt/app/ecabs-malta/id777550235

(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ecabsmobileapplication&hl=en

マルタ島のタクシーアプリ「eCabs」

料金は固定で片道22ユーロです。
感想は使い勝手も良く、運転手さんもフレンドリーでとっても快適でした。

実は初日近場のバレッタ市街地の往復は、
往きはホテルのコンシェルジェの頼んだのですが、
帰り道。
徒歩ではけっこうかかるし、繁華街なのでなんとかなると高を括っていたのですね。
ですが、日本のように流しのタクシーは見つからないし、
結局繁華街の中のホテルに入り、
そこのフロントのスタッフにタクシーを呼んでもらったという経緯から、
このタクシーアプリにたどり着きました。(^^)
ホテルに頼むと、12ユーロですが、
このアプリで呼ぶと、5~8ユーロ程度でした。

バレッタ市街地

日本ではタクシーアプリを利用したことはあるのですが、
海外では英語も不得意だしどうしようかな。。
と積極的ではなかったのです。
がしかし!!
英語が苦手でも全く問題なかったです!
むしろ楽かも!

このサービスはとても便利で素晴らしいものです。
何故なら、呼んだ時点で料金も決まりますし、
海外特有の値段交渉をしなくてもいいからです。
マルタ滞在3泊4日で、このタクシーアプリを12回利用しました。
内訳は、
プジョーのセダンが8回。
プジョーのバンが1回。
メルセデスが2回。
BMWが1回。
でした。
全てスタンダードキャブでの利用です。

※タクシーの運転手さんから到着寸前にTELがある事が多いので、
当方の電話代金が発生すると思います。

請求がきてから詳細を追記したく思います。

※ドコモの請求で、(2019.08追記)
発信で1,000円程度。着信でも同程度の請求でした。
(※シチリアでも少し通話したので、だいたいの数字で)
通話料がかかるのは本意ではないですが、
便利さからいえば、許容範囲かと思いました。

ゴゾ島(マルタ)

(2019.09.09追記)
マルタの配車アプリをネットで探した際、以下の2社が検討対象として見つかりました。
・イーキャブス(eCabs)
・ボルト(旧タクシファイ)(Bolt 旧Taxify)

イーキャブス(eCabs)とボルト(旧タクシファイ)(Bolt 旧Taxify)の違いは、
事前に予約時点でお値段が固定(フィックス)かそうではないか。
イーキャブス(eCabs)は予約時点でお値段が固定であるのに対し、
ボルト(旧タクシファイ)(Bolt 旧Taxify)はおおよその価格は事前にわかるが、
交通状況によって多少の前後がある。
また、
イーキャブス(eCabs)の方がロゴ付の黒い車でわかりやすい。
といったネット情報があったので、
総合的にこちらに決めました。

とても状態のいい車が殆どだったし、
最大で待った時間も30分程度だったので、
こちらに決めてよかったです。

ゴゾ島(マルタ)

最後にイーキャブス(eCabs)の、
タクシーのドライバーについての情報を!(笑)

12人すべてのドライバーが若い方で、感じのいい方でした。
女性が確か2人でしたか、綺麗な方で驚いたと記憶してます。
また、
白いシャツと黒のボトムスでキメており、
マトリックス風でなんだか楽しい気分にさせていただけました。

配車アプリでタクシーを呼ぶのがホント楽しかったです。

コミノ島 ブルーラグーン(マルタ)

今後は他の国の都市でも便利なタクシーアプリを使ってみたいです。


関連記事

  1. ツォンゴ湖日帰りツアー(2018.09)《3》~ガントクを起…

  2. PaSTauS パスタ屋さん(バレッタ・マルタ)

  3. バンコク行き 羽田深夜便

    パタヤ(タイ)(2014/11)《1》~タイ航空が破綻したと…

  4. Bam Ber(タオルミナ・シチリアのグラニータ屋さん)

  5. 『梅醤番茶』~お腹の調子を整えたり身体を温まると思います~

  6. タオルミーナ散策(シチリア・イタリア)