マルタ・シチリア旅行 計画編 Vol.2


(2019.04.25)
マルタ・シチリア旅行のフライトの決め方を説明したく思います。

シチリアへ イカロス出版株式会社

ルートは、
①成田空港(日本)⇒イスタンブール・アタテュルク空港(トルコ)※トランジット
⇒ルア・マルタ空港(マルタ)※トランジット
⇒カターニア・フォンターナ空港(シチリア・イタリア)

②カターニア・フォンターナ空港(シチリア・イタリア)⇒ルア・マルタ空港(マルタ)

③ルア・マルタ空港(マルタ)⇒イスタンブール・アタテュルク空港(トルコ)※トランジット
⇒成田空港(日本)

と、こうなりました。

全ルートを一気に購入したのではなく、
成田・マルタの往復(ターキッシュエアー)と、
マルタ・カターニアの往復(ライアンエアー)です。
※Ryanair 本拠地がアイルランドのヨーロッパのLCC
※ LCC=ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称

Turkishairlines(トルコ航空)
https://www.turkishairlines.com/ja-jp/

Ryanair(ライアンエアー)
https://www.ryanair.com/ie/en/

チケットはスカイスキャナーという便利なサイトがあり、
そこで探します。
スカイスキャナー
https://www.skyscanner.jp/

スカイスキャナー

秀逸なシステムでして、たくさんのルートが検索結果としてピックアップされてきます。
とにかく安いチケット。(時間がかかったり、経由地が多いことが多い)
日本の航空会社のもの。
羽田発着便。
スターアライアンス加盟とかワンワールド加盟とかの自身の希望するカテゴリーの航空会社。
等々。
自身の希望でチョイス出来るんですね。
気をつけなければならないのが、日によって価格が変動すること。
これは、早くから買えば必ず安いとは限らなく、
需要と供給によって変動するので、ある意味運ともいえます。
※経験値では、60~90日前位が安値で購入できることが多いかと思います。
勿論、直前で空席が大量にある場合なども安いでしょうが、
事前からスケジュールありきで探すのには、不向きかと思います。

スカイスキャナー検索結果

スカイスキャナー検索結果(携帯画面)

フライトのルート(航空会社)を決めた後、
どこの旅行代理店で買うか、もしくは航空会社から直接買うのかを決めます。
旅行代理店は十社以上のことが多く、値幅も結構あります。
私は大抵は最安のサイトから購入します。
但し、日本語の問い合わせ窓口がないものや、
クレジットカード決済の手数料がある旅行代理店もあるので、
注意が必要です。
もし、航空会社と旅行代理店が同一料金であった時は、
航空会社から買います。
(これはホテルを予約する時も同様なのですが、
ホテルや航空会社は旅行代理店に手数料を払っているわけでして、
無駄であり、直接購入した方が親切と考えてこうしております)

スカイスキャナー旅行代理店チョイス画面

スカイスキャナー旅行代理店チョイス画面(携帯画面)

ここからはちょっと残念なお話。
実はこのチケットは40日程前に、mytripというサイトで最安値で購入したのですね。
価格は12万円強/1人(諸経費込)でした。
それが、この記事を書こうとして、再度調べてみたところ、11万台でした。(^^;
更に、出発日を1日ずらすと、9万台でありました。
こんなことはあまり経験ないのですが、いい気分ではないですのね。(笑)
ゴールデンウイークが長くその時期のチケットが、
海外旅行人気で超高騰していた反動なのか、理由はわかりません。
とにかく思ったより席が余っているということでしょう。
まっ。
先に書かせていただいた通り、価格変動はつきものなので、
これもいい経験としましょう!

ありがとうございます。


関連記事

  1. 『変える』ことのコツ ~チェンジと継続のススメ~

  2. オルティージャ島(シラクーサ・シチリア)

  3. 白峰温泉♨️白山苑(石川県白山市)

  4. タオルミーナ散策(シチリア・イタリア)

  5. Zero Sei Trattoria Romana(バレッタ…

  6. レーからアルチへ(ラダック)(ジャンムー・カシミール州・イン…