眉間に陽の光を(独り言) ~最近、毎朝浴びてみて感じること~

(2021.05.16)
最近これをするといい。
と聞いて毎朝行っております。

朝日が昇ってなるべく時間が経たないころ。
お日さまの光を眉間に浴びるようにしております。

湘南にて(2020.12)

これは昨年同級生の友人からも勧められてたこと。

コツは何も考えないようにして“ぼんやりと”した状態で受けることだそう。
都会などで日当たりの関係上、
朝の光が受けにくい場合は光が入ってきてからの時間帯でもオッケーです。
どのくらいというと3分~15分程度。
最初はほんの1分くらいでしたが、
最近は3分~5分くらいになってます。

また、曇りや雨の日。
お日さまが出ていないときでも、
雲の向こうにはお日さまは変わらず輝いているわけでして。
それを意識して浴びるといいそうです。
最初はやっぱり晴れの日の方がイメージしやすいです。(^^)

インダス川河原にて(2019.09)

年始から少しやるようになり。
ちゃんと朝陽を浴び始めて約2か月強が経過しました。

やってみての実感は心が晴々しているような気がしてます。
そして何より心地いい証拠に。
毎朝すすんで朝陽を浴びたくなっている自身が在ります。

継続できているようだったら、
また更新記事にして報告したいと思います。
🙏

※真実か信じるかは云々として
眉間は第三の目(サードアイともいわれ第6チャクラの場所ともいわれています)と言われており
お日様を何も考えずにそこに浴びると曇りがとれるかもしれないとのことで
試し好きな小生はやってみてます。

2022.08.27現在
毎日ではないですが気が付いたら浴びてます。

関連記事

  1. 普段のおうちごはん(2022.01)~今年も変わらず妻に感謝…

  2. 普段のお家ごはん(2021.02)~器やテーブルセッティング…

  3. 備前焼のお茶碗 ~なかなか買えなかった備前の陶器を買いました…

  4. カーシェアリングアプリ Anyca (エニカ) ~用途に応じ…

  5. 自分自身が幸せでいること(独り言)~ここにフォーカスして出来…

  6. 『酒処やまね』 ~ランチによく伺う広尾・西麻布のお店です~