ちょっとしたこと(独り言)~大きなことじゃなくとも一人一人がやってみるとその先にあるもの~

(2021.11.23)
実は書きたくないと言いつつも半年くらい前にこのブログ内でチラッと書いたことが一度あります。

そう。
自分ルールで決めて実行していることを2つ紹介します。
①白杖を持った方がいらっしゃるとお声がけして。
自身の時間の制約の可能な範囲で改札なり、ホームまでナビゲートする。
②公衆トイレやお店のトイレ。外出先でのお手洗いにて。
汚れていたら備え付けのトイレットペーパーでサッと便器のお掃除をする。
※サッとです。

大観峰付近からの阿蘇カルデラと阿蘇中岳(2019.12)

やり始めたのは多分10年くらい前からです。
何故やるのか?
それは自分自身の心が軽くなるからです。

最初は。
①に関しては白杖の方が結構外出先で転んだりホームから落ちたりと怪我はつきものという事実を知って。
②については外のお手洗いの使用方法があまりに他人事で自宅でもそうなの?と思い。それはないんじゃないの!!と思ったから。
そんな思いからスタートし。
心の中にはよこしまな気持ちがあったことも事実です。
具体的には
・人の為にやってあげている。
だとか。
・自分はいいことをしている。
といったようなこと。

お気に入りの辰頭温泉(熊本県菊池市)(2020.02)

続けていると世の為人の為。
にやっているんじゃなく自分の気持ちが軽くなることに気づくのです。

何もみんなにこれをやったらいいのにと思っているのではなく。
人はそれぞれでして。
知らない人に声掛けするのが苦手な人もいるし。
そもそも外出先の移動では時間的にタイトでそんな時間的な余裕がない方も多いと思います。
或いはみんなが使用する公衆のお手洗いのお掃除をするなんて。
衛生観念上無理!!って方は大多数だと思います。

どんな小さなことでもいい。
ほんのちょっとしたこと。
例えばすれ違う人にニコッと微笑むとか。
公共交通機関で席を譲るとか。
道端に落ちていた吸い殻を拾うようにするとか。
遠くに住む両親に連絡して声を聞くとか。
少額でも寄付をするとか。
おかげさまで。とかありがとう。と声に出して言うとか。

無理せず出来ることでいいと思います。

雲仙にて(2019.04)

冒頭に書きましたが。
本来はこれは人に言うことではなく人知れず淡々と実行すること。
こうやって書くこと。
人様が読むこと。
どなたかがわたしもやってみたい。
そんな影響力があるのならばと思い綴りました。

サブタイトルに書いた。
~大きなことじゃなくとも一人一人がやってみるとその先にあるもの~
その先にあるものは何かわかりませんが。
人間の本質に通づる何かであるような気がしてなりません。

ここまで読んで下さったかた。
ありがとうございます。
🙏

関連記事

  1. 感謝するとは(独り言) ~友人を亡くして改めて考えてます~

  2. 映画 『ジョーカー』 TOHOシネマズ日比谷

  3. ウォーリーを探せない!(笑)(父の日のプレゼントにステテコを…

  4. 敬老の日(独り言) ~どのように歳を重ねるのか考えてみた~

  5. 妻に感謝(独り言)~ここが素敵だと思っているところを書いてみ…

  6. 妻ファースト(独り言)~これがわたしのスタイルです~