「希望の一滴」中村 哲、アフガン最期の言葉(西日本新聞社) ~志のある人物はとても魅力的だと思います~

(2022.12.08)
3年前の2019.12.04
アフガニスタンの地で糾弾によって亡くなられた中村 哲さんの著書です。

書店ではなく梅田阪急(大阪府)のイベント会場で買い求めました。

「希望の一滴」中村 哲、アフガン最期の言葉(西日本新聞社)

アフガニスタンの政府から
名誉市民権を授与された活動は
日本でもニュースで度々報道されていたので
ご存じの方も多いかと思います。

響いた言葉を少しだけ紹介させていただきます。
・「必要なのは思想ではなく、人間的関心であった」
・「経済的な貧困は必ずしも精神の貧困ではない。識字率や就学率は必ずしも文化的な高さの指標ではない」
・「議論は無用、実行あるのみ」
・「誰もそこへ行かぬなら、我々がゆく 誰もしないから、我々がする」

お会いしたこともないですが
とても素晴らしい方だったと信じて疑わないところで
とても尊敬してます。

よかったらチェックしてみてください。
合掌
🙏

関連記事

  1. 『愚か者の独り言』② 長尾 弘 著 ~人のことを悪く言わない…

  2. からだとこころの健康学 稲葉俊郎 NHK出版 ~健康は、自分…

  3. 森 美智代さんのワークショップ ~癒しフェア東京2020WS…

  4. 「健康寿命は靴で決まる」 かじやますみこ 文春新書

  5. 木のいのち 木のこころ <天・地・人> 西岡常一 小川三夫 …

  6. いのちの居場所 稲葉敏郎 扶桑社 ~「生きている。それだけで…