自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.17)~もち米(こがねもち)と亀の尾の補植作業~

(2023.06.20)
お天気に恵まれた先週末の北杜市大泉地区
行楽客の影響で人出が多くバスでの到着は1時間遅れで
11時からの作業スタートでした。

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.17)⑮ ~もち米(こがねもち)と亀の尾の補植作業~

◇自然栽培実践スクール(八ヶ岳南麓ファーム)
https://nanroku.noor.jp/school

〒409-1501
山梨県北杜市大泉町西井出2128
TEL:080-3080-3017
八ヶ岳南麓ファーム 農場長 八巻珍男

もち米(こがねもち) 自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.17)⑮ ~もち米(こがねもち)と亀の尾の補植作業~

もち米(こがねもち)の苗
田植え機で綺麗に植え付け出来なかったところを
手植えで補植作業します。

こがねもちの補植作業

手植えでの田植え作業は生まれて初めてです。
田植え用の長靴を使用するのですが
サイズが少し大きかったので足抜きしずらく
何せ初体験もあり翌日からの足の筋肉痛は久々の感覚です。
これもまた愉しです。

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.17)⑮ ~もち米(こがねもち)と亀の尾の補植作業~

綺麗に望めた北岳

午後は場所を変えて亀の尾の補植です。

亀の尾の補植作業

育苗の失敗の影響でスケジュールが後手後手となり
耕運機をかけた時期
田植え前の大切な作業の代掻き

亀の尾の苗

亀の尾の苗

これらのタイミングがよろしくなく
昨年より田植え機での植え付けが
上手くいってなく
手作業で補うところが増えてしまった
そんな事情です。

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.17)⑮ ~もち米(こがねもち)と亀の尾の補植作業~

自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.06.17)⑮ ~もち米(こがねもち)と亀の尾の補植作業~

農場にとっては大きな痛手であったわけですが
私にとってはとても貴重な体験をさせていただけたと
そんなところが正直な気持ちです。

収穫までには様々な作業があるそうですが
実りの秋は愉しみです。

みなさま
ありがとうございます。
🙏

関連記事

  1. 自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.10.…

  2. 秋の八ヶ岳・清里(2022.10)~秋晴れの中 高原や農業体…

  3. 自分自身を知ること(独り言)~人生のテーマともいえると思って…

  4. 自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.08.…

  5. 自然栽培実践スクールat八ヶ岳南麓ファーム(2023.12.…

  6. 嘘をつかないこと(独り言)~極めて難しいからこその何かがある…