母への毎日の電話(独り言) ~かなり恥ずかしいのですが……。~


(2020.06.03)
今日は私にとってはかなり恥ずかしい話をしましょう。(^^;

昨年の島宿真里さんでの朝食(2019.03)

上の画像は、父のお墓参りの帰りの定番の宿となっている、
小豆島の「島宿真里」での朝食です。

私と妻と母とで行きました。

愛媛県の菩提寺

そこで。標題の『母への毎日の電話 』。
何年前からでしょうか。3年前位だと思います。

父は2009年に亡くなり、それから直ぐに一人暮らしとなったわけではないのですが、
丁度3年前くらいから一人暮らしとなりました。

愛媛県の菩提寺

そのタイミングくらいからでしょうか。
日課で母へのTELをするようになったのは。

実家には、大阪や京都に出張もある関係から立ち寄る事も結構あるのですが、
それとは別に毎日声を聴くようにしています。

ミッシェルバッハのお菓子 苦楽園(西宮)

病気の期間も長かったですし、未だ親孝行と呼べる実感できるものはないですし。(^^;

54にもなった私が今頃言うのもホントお恥ずかしい限りなのですが、
なんででしょうか。おそらく。
きっかけは、父が口癖のように言ってた。
『いつまでもあると思うな親と金』
という故事ことわざが身体のどこからか湧き上がってきて。

「毎日、母に1分でもいいからTELして声を聴く事にしよう!」
と思いたち。決めて実行しています。

今年行った島宿真里にて(2020.03)

これ。
毎日しても喋ることなんかないよ。
って最初は思っていたのですが、意外にそうじゃなく。

母の話す事の聞き役に徹することになるんじゃないかな。
と思いこんでいたのですが、そうでもなく。(笑)

日々のたわいない話や今日のスケジュール。
今後のスケジュール。等々

バーチャル同居での会話の一コマみたいなものなんですよね。
安否確認にはなるし、
もしかしたボケ防止にも効果を発揮するかも。(笑)

それよりなにも。
私自身が、
『今日母が突然死んでも冷静に動ける』
と自信を持っていえる感覚になることが出来てます。

臼杵(大分県)にて(2019.10)

「電話なんかしてきてあなたどうかしちゃったの?」
とか
「うるさい!」
とか
「急に電話の頻度が上がって、遺産目当てじゃないの!!?」(笑)
って言われる方々もいらっしゃるような気がしますが。

私にとっては、
独居の母とのコミュニケーションって意外といいものとなってます。

一概におススメできるものではないですが、
そんな私の『独り言』ということ。
ということで。(^^)


関連記事

  1. どのように歳を重ねていくのかを考えてみた

  2. 『自分スタイル』(独り言)~トライ&エラーで自分スタイルを~…

  3. 縁は異なもの味なもの

  4. 不調を抱える方や病気と診断された方へのメッセージ

  5. 石丸陶芸 ~波佐見焼きの窯元を中心に有田焼、伊万里焼etc,…

  6. 『癌』が再発したら