医療機関の出来ること・自分自身の出来ること(独り言) 〜集中するは我にあり〜

(2021.05.27)不調
や病になっ
たとき。

インダス川とザンスカール川の合流地点にて(インド)(2019.09

医療機関を訪ねる方は多いかと思います
その時お医者さまが治してくれると思い
自分自身の出来ることに着目しない方がとても多いように思います

です
ので医療機関のできることと自分のできることを切り分けて考察してみました。

チャン・ラ峠(インド)一番の山道(2019.09)

まずは医療機関の出来ること
体温、血圧、脈拍、外見上の観察、血液検査、画像診断(レントゲン、CT、MRI、内視鏡など)などで現状を診断したうえで
・薬物処方による症状の軽減
・外科手術
・抗がん剤治療などの薬物療法
・光線療法などなど
・などの
現状を把握して症状を取り除くことをする
といえると思います

それに対して。
自分自身の出来ること。
これは不調や病気になったことを振り返り
心身共に調和のとれた状態を目指す
自身でやれることはたくさんあると思います

刻なかったパンゴン湖(ラダック/インド)(2019.09)

医療機関の必要なことと自分自身のできることは、切り分けてあると思う

同時進行できることだと思います。

そして自分自身でできること
1番取り組みやすいと思うのはやはり
食事じゃないかと思います

1日2食。量を減らす

よく噛んで
。3ヶ月続けることができたら変化を残すことができると思い
ます。

刻なかったパンゴン湖(ラダック/インド)(2019.09)

よくあり
がちなこと自分自身自分自身を省みないで医療機関に依存してしまうことです。

だけのことだと思います仮面に考える

また、
不調の時は自分自身の行動をともにするのも一苦労なので、
そのことを知っていると意識を向けるのとも似ています。

自分自身を知る。とても大切
なことだと思います。
🙏

関連記事

  1. LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のフレグランス …

  2. 自分自身を知ること(独り言)~人生のテーマともいえると思って…

  3. お話会 ~何を話せばいいのか思案中です~

  4. 自身の背景を思ってみた(独り言)~中学生以来飛行機でよく移動…

  5. 普段のお家ごはん(2021.02)~器やテーブルセッティング…

  6. クリムト展(ウィーンと日本 1900 東京都美術館)