『泥だんごの天才いたよね』作詞:あいみょん 作曲:あいみょん ~今の時代の大人たちに真面目に聴いてほしい一曲です(独り言)~

(2022.02.27)
最近のあいみょんの一番のお気に入り。
『憎まれっ子世に憚る』という。
2015/12/2 リリースのアルバムの4曲目です。

1995年生まれらしいので。
若くして素晴らしいメッセージです。
私のその頃を思うとレベルが低いというか視野が狭いというか。
お恥ずかしい限りです。

出典:『憎まれっ子世に憚る』作:あいみょん

雑誌の切り抜きのような少女は
チュッパチャプスを加えて気取っているさ
でかめのサングラスはきっと使い方を知らない
隣には嫌な目をしたやつと
大口叩く大物気取り
どうよ私らイケてるでしょと言わんばかりの顔を見せる

明らかに小学三年生
茶髪の髪を揺らしランドセル
背負う姿は可愛げのない高校生のようだ
隣には顔しかめる教師と
それに楯突くモンスターペアレント
何が何だかいつからこれが普通になってしまったのだろう

決められた将来があるなんて
窮屈してるなあ
小さなころから気取ってばかりいること
教えてほしくないのさ
服を汚して 髪にガムつけて 泥だんごを作ろう

電車に座り込むセーラー服
パンツギリギリに風が吹く
中年親父に「こっち見んな」と野次を飛ばし笑う
ドンキにたかる若者集団
夜間限定で最強と名乗る
昼間は親にペコペコしちゃっていい子ちゃんをしてんのだろう

家(うち)で素直になれないなんて
どうかしてるなあ
若いうちに教えてあげられること伝えてほしい
だから
目をそらさずに 決して怒らずに 声をかけてあげよう

戦争の話をしてあげよう
地震の話をしてあげよう
お金の話をしてあげよう
人生の話をしてあげよう

何も知らずに誰かを傷つけてふさぎ込む子が減るように
目をそらさずに 決して怒らずに 声をかけてあげよう
小さなころから気取ってばかりいること教えてほしくないのさ
服を汚して 髪にガムつけて 泥だんごを作ろう

出典:『泥だんごの天才いたよね』作詞:あいみょん 作曲:あいみょん
(アルバム『憎まれっ子世に憚る』作あいみょん 2015/12/2)

日本の将来も明るいと思わせてくれる人物です。

この曲はYouTubeのオフィシャルチャンネルにはなかったので。
違う曲ですが。
◇あいみょん – 貴方解剖純愛歌〜死ね〜【AIMYON BUDOKAN -1995-】
https://www.youtube.com/watch?v=0qaL2Im4fWY

『あいみょん』の良さがわかって頂けたらと思います。

あいみょん!
ありがとう。
🙏

関連記事

  1. 『聴くこと』(独り言)~とっても重要だし大切だとわかっていて…

  2. 孤独について(独り言)~パートナーとの在り方から考察してみた…

  3. 活字について思うこと(独り言)~今後のメディアはどんな位置づ…

  4. 嬉しさを表現する(独り言)~誕生日をお祝いしてもらい気づきま…

  5. 子供の幸せについて(独り言)~親はただただわが子の幸せを願っ…

  6. 密着ドキュメント “現役世代”に突然のがん”に思…