死ぬことを意識して日々を(独り言)~ついつい忘れがちだけど忌み嫌わずに見据えたいと思います~

(2022.11.10)
みなさまいつもありがとうございます。

ブログでは度々呟いていること。
タイトルにした死に対する意識について綴ってみます。

伊丹空港(大阪府)にて(2022.11)

わたしは20歳でステージⅣの癌(リンパ節腫)に罹患
37歳まで再発を繰り返したという実体験があります。

何度か生死を彷徨ったこと
入院時に同室だった若い友人たちが亡くなってしまったこと
20代30代において社会とのかかわり方で
思うようにいかず苦悩したこと
或いは
50代となり若くして逝ってしまう友人たちも増えてきていること
などなど。

伊丹空港(大阪府)にて(2022.11)

日々当たり前と思い込んで
明日も明後日も当たり前に
そして来年も再来年も……。

病気などに直面しなければ
衰えは感じるものの
70歳くらいまではフツーに生きていると
思っている方は多いのではないでしょうか。

上空からの大阪湾(2022.11)

改めて
そう遠くない将来に必ず死が訪れる。
このことに意識を向けてみますと

明日にいや次の瞬間には何が起きてもおかしくないことに気づかされます。

今生きている。
このことを大切にと思う次第です。

上空からの富士山(2022.11)

死んだ後のことはどうなるのかは
色々思うことはあります。

何せ経験していないことなので
「わからない」
ということが真実であり事実です。

羽田空港(東京都)にて(2022.11)

ただ
確実におとずれる『死』について
忌み嫌わずにしっかり見据えることは

日々の生き方に係わることでして
その質が変わってくることと信じて疑わないので
ついつい忘れてしまいがちなこのことに
意識を向けることを習慣化するようにしています。

独り言にお付き合いくださり
ありがとうございます。
🙏🏼

関連記事

  1. 食事と運動のバランスについて思うこと(独り言)~いままで沢山…

  2. 妻に対する思い(独り言)~私にとって命がけになれること 幸せ…

  3. 地域やコミュニティのこと(独り言)~先輩たちからのお話を聴か…

  4. 「今が大切」 (独り言)~よく言われることですが、敢えて私の…

  5. 入院お見舞いについて(独り言)~自身の考え方を綴ってみました…

  6. 突発的なことやピンチな出来事は自身を豊かにする(独り言)~ハ…