相手の立場に立ったと想定してみる(独り言)~自分都合でしか感じられないので心地のよくないことって多いですね~

(2023.01.05)
今日はこんなタイトルを思いついたので
綴ってみます。

人間は勝手なもので
起こる出来事に対して自分自身がどう感じるか
これを起点に生きていると思います。

タオルミーナからのエトナ山(2019.05)

ですから。
自己保存の欲がある私なんかは
自分自身に都合が悪い出来事があると
困ってしまいます。
(※若かりし頃はよく腹を立てたものです)
自分自身の方が正しいなんて思っていたら
更に質の悪い状態です。

タオルミーナにて(シチリア島/イタリア)(2019.05)

発想の転換をして
一旦自身の立場を離れてみることが大切かと思います。

タイトルにした
相手の立場に立ったと想定してみて
相手を思いやってみて
どのような立ち位置だから私にそんな言葉をかけたのか
とか
腹を立ててしまっている私を相手にはどう映っているのか
などなど

まず自分自身の立場を離れることが出来るようになれば
そもそもだいぶ冷静になることが出来るかと思います。

タオルミーナにて(シチリア島/イタリア)(2019.05)

次には
相手の立場にばかり立っていると
これまた
中庸ではないと言いますか
偏ってしまいがちとなる可能性も高くなるものです。

ですので
善意なる第三者の立ち位置で物事がみれるようになると
よろしいのかと思います。

まぁまぁ。
どうしても私情が絡む事柄なので
善意なる第三者といっても
私が・己が・この俺さまが正しい!
となりがちなのが現実かもしれません。

ですがこれも
日々の訓練というか練習で
上達することは間違いないと思っております。

長い独り言にお付き合いいただき
ありがとうございます。
🙏🏼

関連記事

  1. 毎日のルーティーン(独り言)~朝出かける前に心地いいから続け…

  2. やり切る覚悟(独り言)~長きに渡る不調(リンパ節の悪性腫瘍)…

  3. 妻ファースト(独り言)~これがわたしのスタイルです~

  4. 密着ドキュメント “現役世代”に突然のがん”に思…

  5. 人生の可能性について(独り言)~自分自身を知ることで豊かな人…

  6. 「おかげさまで」(独り言)~感謝の念に意識を向けることを大切…