スリランカ旅行(2018.06)《1》 ~日程が短期の場合、ツーリストカーのチャーターがおススメです~


(2020.04.16)
2018年の6月、義父と妻と3人でスリランカを旅しました。

出発は雨の成田空港

その時の振り返って記事にしてみました。
出発は雨の成田空港。
バンダラナイケ国際空港までの直行便。
スリランカ航空です。

スケジュールは、
スリランカ到着が確か現地時間の夕刻。
ほど近いネゴンボという町で1泊でした。

成田空港
↓(直行便)
バンダラナイケ国際空港(Bandaranaike International Airport)
↓(タクシーにて)
ネゴンボのホテル(1泊/寝るだけ)
↓(ここからはツーリストカーをチャーター)
ダンブッラ(Dambulla)

ヘリタンスカンダラマ(Heritance Kandalama/3泊)

3泊中
・ミンネリア国立公園サファリ
・シーギリアロック
・ダンブッラ石窟寺院
・キャンディー日帰りツアー
・スパイスガーデン
・ノリタケ(Noritake)のアウトレット
・オールドビレッジツアー
・アーユルヴェーダちょっとだけ体験
etc,

コロンボ(1泊)

バンダラナイケ国際空港(Bandaranaike International Airport)
↓(直行便)
成田空港

こんな感じの日程でした。

カシューナッツ屋さん

カシューナッツ屋さん

なんといっても、このツアーで一番よかったことは、
ツーリストカーをチャーターしたことです。

このカシューナッツ屋。
最高に美味しいです。
生と焼きがありますが、焼いたのが好きです。

上の写真で一緒に映っている方が同行してくれたサミーラさん。
◇スリランカのチャータータクシー
https://srilankanavi.com/blogs/15-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%81%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%95%E3%82%93

サミーラさん確約はスケジュールによってですし、追加料金もあるかもです。
日本に4年程暮らした経験もあり、日本語も堪能なので、
色んな意味で私にとってはとてもよかったです。

ちなみに、当時の価格で4泊そして空港までの送迎。
すべて込み込みで、日本円で6万前後でした。
彼への1日のチップは、1,000円位が相場でしょう。

あと興味深かったのが、
スリランカはこうしたチャーターカーでのツーリストが一般的で、
大抵のホテルには、彼ら専用の宿泊所があるようで、
我々はその料金を支払う必要もありません。
(※彼らの宿泊場所を備えていないホテルに泊まる場合は、別途多分700円くらいでしょうが、
彼らのホテル代を我々が負担するというルールになってます)

ダンブッラ 石窟寺院

ダンブッラ石窟寺院かな?

オールドビレッジツアー

粉挽き体験。

オールドビレッジツアー

チャパティーみたいなものを焼いて食べさせてくれました。
素朴な味で私は好きです。

ダンブッラの石窟寺院とオールドビレッジツアー。
宿泊地である、ヘリタンスカンダラマへ!

ヘリタンスカンダラマ

今回の主な目的は5泊中の3泊はここ。
ヘリタンス カンダラマ(Heritance Kandalama)を起点にスリランカを愉しむことでした。

◇ヘリタンス カンダラマ(Heritance Kandalama)
https://www.heritancehotels.com/kandalama/

元祖インフィニティ-プール?(ヘリタンスカンダラマ)

◇ヘリタンスカンダラマ(ダンブッラ・スリランカ)~自然と一体化する循環型社会対応のホテル~
https://nabae.net/archives/3425

ヘリタンスカンダラマ( Kandalama)。

このホテルを設計したのは、
ジェフリー・マニング・バワさんで、
スリランカ・コロンボ出身の世界的な建築家なのです。

◇ジェフリー・バワ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AF

今では当たり前になっているインフィニティープールも、
このジェフリー・バワの発案だと聞きました。

ヘリタンスカンダラマ

毎朝、親子なのかわかりませんが複数で遊びにきてました!
餌やりは厳禁!

部屋を空ける時は、
ドアの鍵よりこのバルコニーの扉を開け放たないように気をつけましょう!(笑)

ヘリタンス カンダラマ(Heritance Kandalama)

自然と一体化がコンセプトのヘリタンス カンダラマ(Heritance Kandalama)。

道中のお茶屋さん

道中のお茶屋さん

道中のお茶やさんだったかな?
サミーラさんと一緒だとこういったローカルなところも一緒に付き合ってくれます。

いつもの個人旅行では、入りたくてもビビッて入れないと思います。(^^)

キャンディー(Kandy)の街中の果物屋さん

ヘリタンスカンダラマから日帰りでキャンディーに行きました。

距離としては100kmほどですが、片道4時間くらいはかかってしまいます。
ツーリストカーでです。
バスとかだと、時間が読めません。

学校の行き帰りの時間帯など、人の流れが多い時は、
大渋滞も起きるので要注意です。
(※2018.06現在)

キャンディー(Kandy)の街並

キャンディーの街並。

キャンディーの街並。


街は歴史がある感じで、仏歯寺は行きませんでしたが、
街歩きは楽しかったです。

そういった希望もサミーラさんに言えば、
コーディネートしてくれます。(^^)

定番のシーギリアロック

ボーヤデーのシーギリアロック

定番のシーギリアロック。
スリランカ国民は入場料が100円くらいなのが、
外国人は2000円とか3000円くらいしました。(笑)
なかなか面白いルールですね。

シーギリアロック上部から見下ろす

ここは泊まっていたヘリタンスカンダラマからは比較的近く、
40~50分程度でした。

この日のシーギリアロックはポヤデー(poya day)に当たり、
スリランカ人で溢れかえってました。
ポヤデー(poya day)とは満月の日で、
仏教徒のスリランカ人(シンハラ人)の休日なのです。
商業施設も殆どがお休みです。

ツーリスト向けのお店が細々と営業している程度です。

ポヤデー(poya day)(英語版wiki)
https://en.wikipedia.org/wiki/Poya

それもまた色んな意味で楽しめました。

但し。
ホテル内レストランも酒類厳禁なので、
お酒好きのかたは、前もって買っておき部屋で愉しむとか、
注意した方がいいと思います。

道端のドリアン屋

これは、道端で商売しているドリアン屋さん。
私はすっかり嵌ってしまい、毎日サミーラさんにドリアン屋があったら行きましょう!
とお願いしてました。

また、サミーラさんが上手くやってくれて、
スリランカ人価格でドリアンを愉しめました!(笑)

長くなりすぎたので、記事を分けて書きます。
(続く)

◇スリランカ旅行(2018.06)《2》
https://nabae.net/archives/5498


関連記事

  1. 御殿場プレミアム・アウトレットと三井アウトレットパーク 木更…

  2. PaSTauS パスタ屋さん(バレッタ・マルタ)

  3. 辿り着けなかったパンゴン湖(Pangong Tso)~チャン…

  4. THE DRUK LADAKH(レーのホテル/ラダック)(ジ…

  5. サクラマチ クマモト(SAKURA MACHI Kumamo…

  6. Osteria da Rita (タオルミーナ シチリア)