「傾聴のコツ」金田諦應 三笠書房

(2019.04.24)
熊本からの帰りのフライトで読んだ本。
「傾聴のコツ」曹洞宗の住職の方が書いておられます。

「傾聴のコツ」金田諦應 三笠書房

ボランティアの現場や、ボディーワークを仕事としている仲間からしばしば話題となる傾聴。
「聞く」ではなく、「聴く」というのが何よりも大切なことではないでしょうか。
耳偏に十四の心と書く「聴」の文字には、
多くの心を尽くして受け取るという意味が含まれているそうです。
これ以上書くとネタばらしになってしまうので。(笑)

亡くなった父がよく、
「お前は自分のことをしゃべりたがる。聴き上手になりなさい。」
と言っていたのを思い出しました。
良著だと思います。

ありがとうございます。

関連記事

  1. ラダックの風息ー空の果てで暮らした日々ー山本高樹 雷鳥社

  2. 「不道徳教育講座」三島由紀夫 角川文庫

  3. 「センス入門」松浦弥太郎 筑摩書房

  4. 「おとなのきほん」松浦弥太郎 PHP研究所

  5. 「愛さなくてはいけないふたつのこと」松浦弥太郎 PHP文庫

  6. 『未来への発想法』 政木和三 東洋経済新報社