「傾聴のコツ」金田諦應 三笠書房

(2019.04.24)
熊本からの帰りのフライトで読んだ本。
「傾聴のコツ」曹洞宗の住職の方が書いておられます。

「傾聴のコツ」金田諦應 三笠書房

ボランティアの現場や、ボディーワークを仕事としている仲間からしばしば話題となる傾聴。
「聞く」ではなく、「聴く」というのが何よりも大切なことではないでしょうか。
耳偏に十四の心と書く「聴」の文字には、
多くの心を尽くして受け取るという意味が含まれているそうです。
これ以上書くとネタばらしになってしまうので。(笑)

亡くなった父がよく、
「お前は自分のことをしゃべりたがる。聴き上手になりなさい。」
と言っていたのを思い出しました。
良著だと思います。

ありがとうございます。

関連記事

  1. 「愛さなくてはいけないふたつのこと」松浦弥太郎 PHP文庫

  2. 『日本人なら知っておきたい神道』 武光 誠 著 KAWADE…

  3. 『未来への発想法』 政木和三 東洋経済新報社

  4. “「口をぱくぱくする」と超健康になる” 筒井重行著 仙頭正四…

  5. 『医者の大罪』近藤誠 SB新書

  6. 「自分で考えて生きよう」松浦弥太郎 中央公論新社