『日本人なら知っておきたい神道』 武光 誠 著 KAWADE夢新書

(2021.03.14)
友人からの紹介された本書。
歴史など苦手分野だった類かと思ったところ。
何故かアマゾンでポチる気になって購入しました。

『日本人なら知っておきたい神道』 武光 誠 著 KAWADE夢新書

積読扱いとなってしまうかなぁ。
からの、購入より10日後くらいにその気になり一気に読めました。

神社巡りとか御朱印とか。
結構流行っているのはここ数年頓に感じてました。

あまり興味のないところ。
ひょんなことから。
『神道を知らずして日本と日本人は見えてこない』
というフレーズに触発されたという流れなのです。
(^^)

結論から申しますと読んでよかったです。

とても簡潔にしかも読み易くまとめてくださってます。
数年前友人から絵本っぽい神道関連の著書を紹介されて、
読み始めて15分くらいでギブアップした経験があります。

何事も決めつけずに直感を頼りに行動することの大切さも、
同時に学びました。
🙏

おススメの一冊です。
ご興味あるかたはチェックしてみてください。
(^^)

関連記事

  1. BASHAR 2006 ダリル・アンカ著 ~友人からの紹介で…

  2. 触れることの科学 D・J・リンデン 岩坂彰【訳】 河出文庫 …

  3. 『遠い太鼓』村上春樹 講談社文庫

  4. 文化人類学の思考法 世界思想社

  5. 「走れメロス」太宰治(だざいおさむ)

  6. 「孤独を生きる言葉」松浦弥太郎 河出書房新社