『少食』と『咀嚼』~内臓にもお財布にも地球にもやさしいと思います~(独り言)

(2021.09.14)
ここ三日続けて。
1食/1日を実践してみました。
身体は軽くていい感じです。

黒胡麻玄米ごはん

久々に玄米をよく噛んで少食をすると続けてみたくなってます。
今日もこの時刻までまだ食べてません。

1食縛りではなく、2食としても少食と咀嚼がテーマです。
続いたら経過報告したいと思います。
🙏
=====================================

(過去記事)
(2021.03.27)
最近のキーワードは『少食』と『咀嚼』。
様々な好影響をもたらすことは明確です。

がしかし。
実践することは結構ハードル高いです。
(^^)

『少食』と『咀嚼』~内臓にもお財布にも地球にも優しい効能~

『少食』を実践すると。
・胃腸にやさしい
・身体が軽い
・頭が冴える
・食費が軽減されるのでお財布にもやさしい
・更に全世界の人口問題からすると地球にもやさしい
・etc,
ざっと挙げただけでもこんな感じ。

『少食』と『咀嚼』~内臓にもお財布にも地球にも優しい効能~

・無病法ー極少食の威力ー
ルイジ・コルナロ著 PHP研究所

この本もとても興味深いです。
16世紀のイタリアでの実体験だそうです。
(^^)

『少食』と『咀嚼』~内臓にもお財布にも地球にも優しい効能~

上記の分量の玄米(※ちょっと多めかな 笑)とこれに対し半分の量のおかず。
(※牛蒡・蓮根・人参の焚物)
丁度上記のような豆味噌と麦味噌の合わせみそのお味噌汁を1杯。

これを1食として1日2食。
間食ゼロ。
水分は3年番茶か白湯を500CC未満。

これを丸2年。約20年前くらいに実行しました。
おかずはヒジキであったり、蕪とか多少のバリエーションはありましたが。
ほぼ同じメニューを毎日続けました。
(笑)

『少食』と『咀嚼』~内臓にもお財布にも地球にも優しい効能~

『咀嚼』に関して。
さっきの玄米。
画像よりももうちょっと少なめでしょうか。

一口を小さじ一杯程度として。
約250噛み~300噛み。
口の中で完全に液状化して喉に落ちていってしまう感じですね。
これだけ噛むとある意味瞑想です。(笑)

最初は約90分かけて食べました。
もう30分を超えてきた辺りからはヘトヘトです。(笑)
しかもお腹もどんどん膨らんでもういらないってなります。

それも慣れるとなんてことはなくなり。
安定して食べれるようになりました。

『少食』と『咀嚼』~内臓にもお財布にも地球にも優しい効能~

今はこれくらいの分量のおかずを頂きますが、
当時からすると、3倍くらいの分量ですね。

『咀嚼』に関してはいいと思われることは。
・口の中で唾液と十分に混ざった状態。しかも液状化して胃に入っていくので、
消化の段階を正しく踏んでいるといえると思います。
・顎の運動をする影響で脳にもいい刺激となると推察されます。
・脳脊椎液の流れも良くなるのではないかなと思っております。
・etc,

今思っていること。
食事の内容よりも。

『少食』と『咀嚼』の実践は、身体と心の調和に寄与するものだと感じております。

そもそも、日々の想念や行為が調和されておれば、
そんなことはしなくてもいい。
とも思っております。
(^^)

それ(日々の想念や行為の調和)が難しいので。
『少食』と『咀嚼』の実践はひとつの方法論としてアリだと思っております。
🙏

関連記事

  1. 素敵なパートナーとの関係(独り言) ~日々一緒にいれてとても…

  2. お話会(20歳から37歳の長期に渡る悪性リンパ腫の体験) ~…

  3. 自死(自殺)に関して思うこと ~自らの命を絶つことがなくなる…

  4. KUUMBA Book Shop(富ヶ谷)~嗅覚に訴えるもの…

  5. BELTZ(ベルツ/広尾)~サン・セバスチャンで人気の濃厚チ…

  6. カターニア空港・シチリア(イタリア)でレンタカー【グーグルマ…