玄米ご飯(普段のお家ご飯)

(2019.11)
久しぶりにお家でのご飯の記事を書きます。

普段のお家ご飯

こんな感じのお家でのご飯が多いです。
最近は、大船渡のお魚屋さんからサンマやサバなどが届いたばかりで、
お魚を食べることも多いですが、玄米と味噌汁とサラダなどの野菜。
という献立が一番多いです。

わたし的には実はサラダなし。
でも構わないのですが、
妻はお野菜大好きですし、美味しくいただいてます。

玄米をしっかりよく噛んで食べると、体調もいいと感じます。
カムカム鍋と圧力鍋で炊いた玄米は最高です。

※写真はマクロビオティックではありません。(笑)

玄米ご飯(普段のお家ご飯)

(2019.08.30)
今日は、玄米ご飯を紹介します。

玄米ご飯(カムカム鍋とヘイワ圧力鍋)

我が家には白米は置いてません。
「ごはん」といえば玄米ご飯になります。
たまに、サフランライス(タイ米)は食べることもあります。
ちなみに、パスタは全粒粉とかにこだわらず、普通のパスタを食べます。

上下の画像が炊きあがって圧力鍋を開けた直後です。
ふっくら炊け、モッチモチです。
圧力鍋の中に内鍋としてカムカム鍋を入れて炊きます。

◇ヘイワ圧力鍋
http://imonoya.co.jp/pressure_cooker/

◇カムカム鍋(リマの通販)
https://lima-netshop.jp/SHOP/21434/25045/list.html

私の持っている電気炊飯器の玄米モードと比べると、
芯までふっくら炊け、まるで別の食べ物です。
ガスで45分程度で炊けるのでそんなに手間はかかりません。
厳密に言うと、お水につけておく時間と、
圧力鍋の蓋が開けられるまでの時間も含むと、90分程度ですね。

こうやって炊いた玄米ご飯は、
冷めでもとっても美味しいです。
時には炊きたてより、美味しく思う時もあります。

玄米ご飯(カムカム鍋とヘイワ圧力鍋)

従来の玄米の印象が180度変わる方も多いので、
かなりのおススメ度です!!

お料理好きな方ならば、時短にも多分なるし、
他の料理にもたくさん使えると思います。

今後単体で、カムカム鍋と圧力鍋の記事を書いてみたいと思います。


===========================================================
(過去記事は以下)

マクロビオティック(玄米正食)の思い出(普段のお家ご飯)

(2019.08)
お家ご飯シリーズ。
洋風の完全マクロビオティックのおかずです。
ちょっとお洒落っぽくして楽しむこともあるんです。(笑)

普段のお家ご飯

素材をまるごと全て(皮とかを捨てないこと)使うのが、
マクロビオティックなのです。

ひえ大根のほうれん草ファルシー お家ご飯

ひえ大根のほうれん草ファルシー。
ひえと大根が入っていて、ほうれん草で包んでいます。
味は粒マスタードとレモン。ベースはオリーブオイルです。
フランスの家庭料理風だそうです。
稗(ひえ)はあまり食べないので食感が新鮮。
ソースにはゆず胡椒も効いていてます。

焼きズッキーニのマッシュルームペースト和え お家ご飯

焼きズッキーニのマッシュルームペースト和え。
マッシュルームと玉ねぎ味のペーストです。
バルサミコ酢も効いています。

春菊の胡麻和え お家ご飯

春菊の胡麻和え。
これは和風ですね。
春菊の香りとお醤油が合います。

お家ご飯

連夜でしたので、前日のズッキーニも並んでます。(笑)

あらめと春菊のサラダ仕立て 焦がしネギ風味 お家ご飯

あらめと春菊のサラダ仕立て 焦がしネギ風味。
生姜ごま油味です。
少し梅酢も入っているそうです。

カリフラワーと里芋のスノーケーキ お家ご飯

カリフラワーと里芋のスノーケーキ。
これ!美味しかったです。
里芋の味とカリフラワーの食感が素晴らしい!
周りのソースは焼き味噌のソースなんです。

比率は玄米とお味噌汁。
みたいなお家ご飯が圧倒的なのです。

たまにはこんなご飯のこともあるので、紹介してみました。

===========================================================
(過去記事は以下)

マクロビオティック(玄米正食)の思い出(普段のお家ご飯)

昨夜のごはんです。
普段のお家ごはんをアップしてもいいものかと?
疑問をもちつつ、
最近のお家ご飯を何日か分をアップしてみます。

普段のお家ご飯

大根の味噌汁。
サニーレタス、春菊、トマトのサラダ。(チーズとバルサミコ酢です)
山芋とオクラの梅和え。大根の焚き物。
(2019.08.03)

普段のお家ご飯

味噌汁(具はわすれました)(^^;
ブラウンマッシュルームとプチトマトと春菊のサラダ。
ジャガイモの茹でた何か?(これ。美味しいんです。)
オクラの和えたもの?
(2019.07)

普段のお家ご飯

玉ねぎの味噌汁。
トマト、大根、春菊のサラダ。
大根おろし。
海苔。
etc,
(2019.07)

こういったご飯。
大好きです。
玄米をよく噛んで食べると、
外食が続いたあとは体重が数百グラム~1キロくらい軽くなります。
量的には変わらないのですがいつもそうなのです。
(過去記事は以下)

マクロビオティック(玄米正食)の思い出(普段のお家ご飯)

(2019.初夏)

お家ご飯

初めて普段のおうちご飯について書いてみます。
タイトル(標題)と内容は違ってはきますが、ご容赦ください。(笑)

普段のお家でのご飯は基本、妻がつくってくれます。
上記の画像は、玄米・お味噌汁(豆味噌と麦味噌半分づつ)(わかめ・玉ねぎ・茄子)
梅干し・納豆・サラダ(レタス・トマト・春菊・ポテトサラダ)です。

現在は、マクロビオティック(玄米正食)的には特にこだわっておりません。
献立は、画像のようにお米は玄米。
セットで麦味噌と豆味噌半分半分のお味噌汁がベースとなります。
おかずはお野菜が中心ですね。
サンマの季節なんかは大船渡の知り合いの魚屋さんから30尾とか送ってもらうので、
お魚も食卓にならびます。

マクロビオティック的には気にしないと書きましたが、
陰陽・中庸をそこまで考えての献立ではない。
ということです。
野菜はなるべく皮など全部を食べるようにはしているので、
全体を食するという意味ではそのエッセンスは含まれているのかとは思います。

特徴は、玄米はよく噛んで食べております。
どのくらいかというと、
普通の一口を100噛み超ですね。
これは体が覚えていて、癖になってしまってます。
口に入れると、箸をおいて噛むことに集中する。といった感じです。

体が覚えている。とは、
37歳時に2年間、日本CI協会の玄米正食4号食をきっちり励行しました。
そのときは、小さなひとくちで300噛み超だったのです。
具体的には写真のような丼ぶりではなくお茶椀の分量を、
1時間以上かけてよく噛んで食べておりました。
「食べものは飲め。飲み物は噛め。」
の精神です。
これはおそらくガンジーさんの言った言葉だったような記憶です。
(^^)

◇日本CI協会
http://www.ci-kyokai.jp/

あとは、調味料は気を遣っているとはいえると思います。
具体的には下記サイトで購入するものが中心です。

◇リマの通販 公式ネットショップ
https://lima-netshop.jp/

ここでは、新米の予約販売の玄米・塩・醤油・味噌・梅干し・昆布だしなどを中心に、
たくさんの素材をお世話になってます。
野菜は先日紹介した、広尾のナチュラルマートさんで購入することが多いです。

◇NaturalMart(ナチュラルマート)広尾
https://nabae.net/archives/1708

お家ご飯

上記の写真は、別の日のお家ご飯です。
山芋の梅和えや枝豆などがならびました。

玄米じゃない日は、パスタとサラダの時もありますし、
当時の玄米食の時の基本のおかずとしていた、
牛蒡・蓮根・人参の焚き物を食べることもあります。

折に触れて、パスタや他のおうちごはんなども書いてみたいな。
と思っております。