少食と健康(独り言)~食事量を減らすと多くの病気を避けることができるかもしれません~

(2022.06.30)
久しぶりに少食について綴ってみます。
タイトルにした『少食と健康』は常に意識してるといって過言ではないです。
お恥ずかしながら
再び極少食の実践をしたいと言い続け
未だ出来ていない現況です。
(※世の中の平均よりは少食かとは思います)

ペリン(Pelling)(シッキム州/インド)のホテルにて(2018.09)

病気の原因は何であるかは
多くの要素があり複合的でもあると考えており
人それぞれとも言えるので簡単に綴れないと思っております。

ただ。
糖尿病や癌や高脂血症や高血圧症などなどの
生活習慣病と呼ばれるものの多くは
食事量を減らすことで改善されると
私は思ってます。

チベット仏教の僧院(ゴンパ)にて(シッキム州/インド)(2018.09)

病気だからといって無理やり食事量を減らすと
逆にストレスとなってしまう場合も多いですし
自分自身が気づいて取り組まないと
調和された状態に上手く変化するに至らないことも
よくあることです。

虹(シッキム州か西ベンガル州/インド)(2018.09)

考え方としては
食事量を減らし
空腹の時間(食事と食事の間を長くあける)が大切だと思います。

もう少し突っ込んだ話をしますと。
身体の声が聞こえるように日々研鑽することも
大事だと考えており
そうなってきますと
何を食べるか自ずと感じるようになるので
あれやこれやと
むつかしいことを考えなくてもよくなる
そんなふうに思っております。

上手く書けてないような気もしますが
何か感じ取っていただければ幸いです。
🙏

関連記事

  1. 妻に対する新鮮な気持ち(独り言)~こればっかりは自身でもわか…

  2. 人の痛みがわかる人とは(独り言)~意識の拡大は大切だけどやっ…

  3. 触れさせていただくこと(独り言) ~仕事でお手当のような触れ…

  4. 私にとってのボランティア活動(独り言)~被災地などに出向くの…

  5. 依存症気味なの? 違和感あるんですけど!(独り言)~TVでの…

  6. 感謝のコツ(独り言)~意図的にでも感謝の念を持ち続けてみる~…