「心の持ち方」(独り言)~幸せの根源は自分自身であると痛感する今日この頃です~

(2023.05.26)
今日はタイトルにした「心の持ち方」
これを長尾弘さんの著書からの抜粋で綴ってみます。

最近頓にそう思うことが多いので
自戒の念を込めてタイピングしてみます。

大阪道頓堀にて(大阪市)(2023.05)

大阪道頓堀にて(大阪市)(2023.05)

幸せの根源は「心の持ち方」
幸せの根源とは一体何でしょうか。
それは私達の心の在り方にあるのです。
毎日の生活で、病気の方、経済的に恵まれない方がある一方で、
健康にも経済的にも環境にも恵まれている方など、
いろんな方がありますが、
私達はそういう環境の中に生きていると思っています。
もっとも現実には環境の中に生きていますが、
本当は自分の心の中に生きているのです。
言い換えると「心の持ち方」の中に生きているのです。

大阪法善寺横丁にて(大阪市)(2023.05)

大阪法善寺横丁にて(大阪市)(2023.05)

ものの思い方、ものの見方によって、
人は幸せにも不幸せにもなります。

或る一つの出来事が起きましても、
それに捉われて、
私ほど不幸な者はないと嘆き悲しんで暮らす者もあれば、
いやいやこれ位で止めてもらって有難いことだ、
もっともっと苦しい方も、
もっと悲しい方もあることを思えば私は幸せだ、
と言ってその出来事を感謝に変えてしまう、
そういう思い方によって、
今仮に苦しい環境にあっても、
常に感謝する方向に心を向けますと、
やがて不調和な環境が調和されてきます。

大阪道頓堀にて(大阪市)(2023.05)

大阪道頓堀にて(大阪市)(2023.05)

よく「泣き面に蜂」とか「二度ある事は三度ある」とか言います。
これは或る一つ出来事に捉われて、
それに振り回されておりましたら、
又次の不幸が起こるということで、
泣いているところに蜂が来て、
又なかなくてはいけないようなことになるのです。
その時、心の持ち方を感謝に変えたら、
あとに泣くことは続かないのですね。

よく不幸が続くと言いますが、
これは皆私達の思い方が大きく作用しています。
生きている限りは苦しみも体験し、
喜びも悲しみも体験する為に
私達は生きさせてもらっているのであって、
何事が起きてもいいのです。
ただそれに心を捉われないことです。
幸せに生きるには、
出来事に捉われないことですね。
(愚か者の独り言ー講演集①ー 長尾 弘著 柳原書店 より抜粋)

ちょっとしたことや
日々起きる色んな出来事に
いちいち
捉われっぱなしの小生です。
💦
幸せな人生を送りたいので
嬉しいことが起こる反面
都合の悪い出来事も起こる。
それがごく自然なことなんだと
捉われないことに意識を向けたいと思います。

ありがとうございます。
🙏

関連記事

  1. 癌になった友人への手紙 vol.3(独り言)~厳しいことを申…

  2. 医療崩壊についての私的考察(独り言)~現状の問題点と今後目指…

  3. どのように歳を重ねていくのかを考えてみた(独り言) ~日々・…

  4. ひるがの高原・飛騨高山を巡ってみて(独り言)~晩秋の飛騨地方…

  5. 大阪・神戸を散策して(独り言)~久しぶりに行く場所や初めて行…

  6. 瞑目して集中する(独り言)~習慣化はできてませんが目を閉じて…