最初に読む料理本 監修・料理 古谷暢康 時雨出版 ~五風十雨さんで出会った素敵な書籍を紹介します~

素敵な本の紹介です。

「五風十雨」さんという学芸大学にある
お世話になっている八百屋さんで出会いました。
約1年半前に購入させていただき妻はよく読んでいるようです。

◇五風十雨(学芸大学の自然食品店)
https://gofuju.com/

最初に読む料理本 監修・料理 古谷暢康 時雨出版

書籍なのであまり内容は書けませんが
気に入っている箇所を引用させていただきます。

料理がへたな人はいない
「料理は苦手だ」「料理がヘタだ」と言う人がいる。
もし、料理に自信がないのなら、
それは、いい素材を選んでいないだけのこと。

いい素材は、きれいな土で育まれる。
きれいな土で育まれたものは、きれいな味がする。
こうした素材が手に入ったなら、できるだけ味つけをしない。
そのままで十分おいしいからだ。

素材は悪いと、悪いところをカバーするために料理は「足し算」になる。
工程が増え、いろんな調味料や添加物が使われる。

いい素材が手に入れば、「引き算」していい。
それが料理の常識と思われていることでも、どんどん引き算すればいい。

素材を選び
余計なことはせず
手間は惜しまない。

そして、何よりも大事なのは“自分の感覚”をもち、鍛えることだ。

自分の感覚をもてば、レシピ本で分量を確認しながら料理をしなくていい。
どこかで食べたおいしいものを再現することができる。

そうなれば、料理をすることが楽しくなる
(最初に読む料理本 監修・料理 古谷暢康 時雨出版から引用)

多分普通の書店ではないので
下記であれば手に入ると思います。

◇時雨出版オンラインストア
https://shigurebooks.shop-pro.jp/?pid=157302321

◇ナチュラルハーモニー(オンラインストア)
https://naturalharmony.store/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=NH000447&cat=200020001

◇五風十雨さんの店舗にて(小生のブログのアドレス)
https://nabae.net/archives/15536

良著だと思います。
よかったらチェックしてみてください。

ありがとうございます。
🙏

関連記事

  1. ザ・ミッション ~人生の目的の見つけ方~

  2. 触れることの科学 D・J・リンデン 岩坂彰【訳】 河出文庫 …

  3. 木のいのち 木のこころ <天・地・人> 西岡常一 小川三夫 …

  4. 発酵遺産(天然菌の発酵食) 三好基晴・河名秀郎 著 花書院 …

  5. ねむの木学園 こども美術館(NEMUNOKI GAKUEN CHILDREN'S MUSEUM OF ART)

    ねむの木学園 こども美術館(NEMUNOKI GAKUEN …

  6. 「100の基本」松浦弥太郎のベーシックノート 松浦弥太郎 マ…