触れることの科学 D・J・リンデン 岩坂彰【訳】 河出文庫 ~今この時代に興味深い内容の本だと思います~

(2020.10.14)
興味深いタイトルだったので、
その気になれなかった読書を久しぶりに。(^^)

触れることの科学 D・J・リンデン 岩坂彰【訳】 河出文庫 ~今この時代に興味深い内容の本だと思います~

途中までは、スッと読み進められましたが、
飛ばし読みになってしまいました。

面白かったのは、
若い少年少女が遊びの中でのワンシーンで。
「五感のなかでひとつ残して全部なくなるとしたら、どれを選ぶ?」
という究極の選択ゲームの中での一コマで。

誰一人として、『触覚』を選ばなかったというシーンです。

英語の中では日常表現において、
触覚と気持ちは深く結びつている。というくだりも、
面白かったです。

指紋の謎の話。
ポルシェ(車)の油圧パワステと電動パワステの違いによる、
手の感覚(触覚)の話。

これもなかなか興味深い話でした。

触れることをお仕事にさせてもらってる小生にとって。
奥の深いこの“触れる”“触れさせていただく”
についての興味はつきません。

関連記事

  1. じろあめ(あめの俵屋)~金沢ではなく銀座のアンテナショップで…

  2. 医療崩壊についての私的考察(独り言)~現状の問題点と今後目指…

  3. 猫を棄てる ~父親について語るとき~ 村上春樹 絵・高研 (…

  4. イタリアの厳選食材 CASA MORIMI(カーサ・モリミ)…

  5. 木のいのち 木のこころ <天・地・人> 西岡常一 小川三夫 …

  6. 「100の基本」松浦弥太郎のベーシックノート 松浦弥太郎 マ…