ツォンゴ湖日帰りツアー(2018.09)《3》~ガントクを起点にシッキムの聖域へ~


(2020.04.22)
ガントクを朝早めに出発して、
ナトゥー・ラ・ナサン・バレー自然保護区の外れにある、
ツォンゴ湖に日帰りツアーで行ってきました。
休憩なしで、片道2.5時間くらいでしょうか。

ツォンゴ湖日帰りツアー(2018.09)

シッキム入域許可証を取得していたので、
湖を下に望めるゴンドラに乗れました。

ツォンゴ湖 ゴンドラに乗ったさらに上(2018.09)

そこからさらに15分ほど登ったところの写真です。
ちなみに高所恐怖症の私は写真を撮る役です。(笑)

◇ツォンゴ湖(シッキム州・インド)(英語版wiki)
https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Tsomgo

中国とブータンの国境近くなのか、
ガントクを出発し、進むにつれてインド軍の施設ばかり目にするようになります。

多分 インド軍の施設です。(2018.09)

ガントクからツォンゴ湖への道中(2018.09)

山のスケールが違います。
なんと表現したらいいのでしょうか?

とにかく『百聞は一見に如かず』。
行ってみて体験すると、その人なりの感動があるはずだと思います。

ガントクからツォンゴ湖へ(2018.09)

ひたすら登り続けます。
インド軍の施設以外は、ツォンゴ湖手前ちょっとのところにひとつあるだけでした。
それは帰りにランチによったので、そこで紹介しますね。

ツォンゴ湖(2018.09)

意外に小ぶりというか、もっと大きな湖を予想していました。

ツォンゴ湖(2018.09)

ロープウェイ乗り場(2018.09)

ロープウェイに乗って更に上へ!(笑)

お花が咲いてます。(ツォンゴ湖ロープウェイ上)

違うお花も。(ツォンゴ湖ロープウェイ上)

ツォンゴ湖 ロープウェイの上(2018.09)

天空のイメージですね。

観光用のヤク。 ツォンゴ湖畔(2018.09)

ツォンゴ湖畔の観光用のヤクです。
10分程度で300ルピーが相場だったような。

結構気性の荒いヤクもいました。
私は乗らなかったです。

観光用のヤク ツォンゴ湖(2018.09)

ツォンゴ湖畔(2018.09)

2時間程度遊んだあと。ガントクへ来た道を戻ります。

ランチを食べた集落。(2018.09)

ランチを食べた集落。
ヤクの毛を使った毛布やセーターなどの防寒具。
他にもお土産が結構たくさん売ってました。

驚くほど安かったと記憶してます。

急な崖崩れ(笑)(2018.09)

ガントクへの帰り道。
面白いというか、インドらしい体験をすることができました。

順調に下っているかと思っていたら、急に車が渋滞して完全に動かなくなったのです。
降りてみると写真のようにがけ崩れで道が塞がってしまってます。
何時間もかかることを覚悟して。
まっ。いっか。
と思っていたら。

どこからともなく、ブルドーザーに乗ったターバン男が!!(笑)

ターバン男のアップ!!(笑)

ほんの15分くらいでしょうか。
何事もなく道は元通りに!(^^)

無事流れだしました!

貴重な体験でした!

ガントク⇔ツォンゴ湖(2018.09)

次は、カンチェンジュンガにもっと近い街。
ペリンへの旅へと続きます。

併せて下記記事もよかったら。

◇シッキム州・西ベンガル州(インド)を訪ねて(2018.09)《1》~世界第三峰カンチェンジュンガを望む~
https://nabae.net/archives/5535

◇シッキム州(インド)を訪ねて(2018.09)《2》~州都ガントクを起点に3泊~
https://nabae.net/archives/5600

◇カンチェンジュンガを望む最も近い街ペリン(2018.09)《4》~1か月ぶりの雄姿だそうです~
https://nabae.net/archives/5706


関連記事

  1. THE DRUK LADAKH(レーのホテル/ラダック)(ジ…

  2. カターニア空港・シチリア(イタリア)でレンタカー【グーグルマ…

  3. マルタ・シチリア旅行 計画編 Vol.3

  4. 自分磨き ~出来ることを考えてみた~

  5. 東海道新幹線 こだまグリーン車 ~EXこだまグリーン早特は時…

  6. 航空会社からのお知らせメールにご用心(ANA便機材到着遅れと…