戦争・武器・自衛隊について考えてみた(独り言)~こんな主張をする方に1票入れたいと思います~

(2020.12.12)
先日、『井上ひさし展』に行ってきました。
◇井上ひさし展 ~没後10年世田谷文学館にて~
https://nabae.net/archives/9055

それ以来。
タイトルに書いた戦争に関しての思いが頭からはなれない現状です。

自宅からの数日前の夜明けの景色 (2020.12)

まず最初に。
勉強不足。或いは知識の偏り。は多々ありますが。
本気でそう思ってます。

ひとことで言うと。
戦争を放棄するために、(憲法9条も詳しくは知りません)
具体的に自衛隊用の武器(戦闘機・戦車・イージス艦・機関銃etc,)を購入する事をやめたらいいと思ってます。
(契約済みのものは必要なくなったと真摯に説明し、可能な限りの交渉をしたらいいと思います。)
今までに買ったものは、戦闘能力をなくしたものに転用できるものは知恵を絞るとか。
(※詳細は得意な方々で議論するとして)

またアメリカ合衆国との付き合い方を変えて、
米軍基地や関連施設を段階的に撤退してもらい。
丸腰の国にしたらいいと思ってます。

外交も。
大国・小国関係なく平等にフェアにお付き合いさせていただく外交に変えていった方が、
まともな国家の対応だと私は考えてます。

スタバにて(2020.12)

丸腰の国に対し、
武力をもって攻め入ってくる国が今の時代にあると思いますか?
私が世界情勢を知らなさすぎるからでしょうか?

もし外交・貿易・関税etc,で不利な交渉をせざるを得ない場合は、
自給率を上げるなり、断固たる姿勢で臨み。
心ある対応をしたら道は開けると思うのです。

私の施術やセッションと通づるところなのですが。
相手を変えることを期待したり、目指すのではなく。
自身の生きざまで淡々と誠実にしていることが、
平和への道筋なんじゃないかなと思う次第なのです。

シーボニアにて(2020.12)

もし私が外国人だったとしたら、
日本は戦争を放棄すると憲法で謳っていいるけど、
実情はアメリカ合衆国に加担しており、
ちっとも戦争を放棄しているとは思わないです。

現状だって。
アフガニスタンの紛争やイラクやシリアの内戦。
他にも地球上では武力をもっての争いごとだらけだと思うんですね。

自分の家族や友達がそのために命を失ったらと思うと……。
昭和20(1945)年8月15日の敗戦を忘れてしまったのでしょうか。

私の思考回路では争いってお互いさま。
なのですね。
1対1で素手で喧嘩するとか、言い争いする程度ならまだしも。
殺傷能力のある武器で殺し合いをしちゃったら……。
勝った側にも死者も出るわけでして。

手ぶらになるしか方法は思いつかないのが現状です。

代官山にて(2020.12)

理想言っても仕方がない!
とお叱りも受けることもあるかと思います。

がしかし。
極めて本気でそう思ってます。

武力を保有していて、戦争の放棄というのは詭弁です。
やられたら。或いはやられそうになったら。
やり返したくなっちゃうじゃないですか。^^

自衛隊をなくしましょう。
と言っているのではないです。
自衛隊の組織自体をどのように維持するのか。
再編して。

災害時や遭難した方の救助。
等々。
活躍する場は色んなケースが考えられると思ってます。

何故武力が必要なのか、
私を説得することが出来る方。
時間に余裕があれば、是非!教えてください。
宜しくお願い申し上げます。
🙏

(2020.12.13)追記
友人から中国に占領されるかも。
というご意見頂戴しました。

私の思いは、
心までは占領できないという考え方です。
武器を手放す。
どこの国とも平等でフラットな立ち位置でお付き合いをさせていただく。

先陣をきって我が国日本が行えば。
水滴の波紋じゃないですが、
各国が追随して平和が訪れたらいいなぁ。
という『永遠の少年』的な思考です。
いつも極論で申し訳ないです。(^^;
(笑)

関連記事

  1. フタバ缶切(両用かん切り)~とても懐かしかったので思わず購入…

  2. 八ヶ岳南麓ファーム(2021.01~)~自然栽培農法のお野菜…

  3. 自分基準で生きる

  4. 普段のお家ごはん(2020.09)~仕事が忙しくなると、玄米…

  5. 普段のお家ごはん(2021.01)~お正月を挟むと食生活も変…

  6. 私のしごと(独り言)~魂の光をゆり覚ますような仕事でありたい…